※ブラウザでIEをお使いの方は、拡大画像が見れない可能性があります。
見えない方は、「互換表示」をオンにして下さい。ブラウザの「ツール(T)」→「互換表示」をクリック。


◆2013年2月16日・17日に台湾で行われたイベント「Fancy Frontier21(通称FF)」に参加してきました。
初の海外イベントという事で緊張しましたが、ともて楽しかったです。台湾では、2月は旧正月なのですが、気温は26度くらいあり、コートを着ていた私は汗だくでした。でも日本は極寒なのですよね。行き帰りの気温差が激しいです。

FFは約10年前に始まった同人イベントで、内容もほぼ日本の漫画やアニメの二次創作が主体となっています。
(私は創作での参加でした)
会場は台湾で一番大きな台湾大学の体育館で、広さは名古屋国際会議場(ポートメッセ名古屋)1号館くらいでしょうか。
1階と3階が会場で、3階には観客席があり、みるみる休憩の方々で埋め尽くされていました。
2日間で来場者は約10万人だそうです!すごいですね〜。体育館の外ではコスプレイヤーさんも大勢いらっしゃいました。

今回は以前からお世話になっている幻想堂さんとご一緒させて頂きました。幻想堂さんは海外でもご活躍中のサークルさんで、もちろん台湾でも大人気でした。色紙の一発書きとか早すぎます・・・!

◆イベントに参加されている台湾の方々は、日本のアニメを見ていらっしゃるので、大抵の方が簡単な日本語を話すことができます。とは言え私のように挨拶程度の台湾語で臨むのはかなり厳しく、急遽通訳の方に手伝って頂いてなんとか無事過ごす事が出来ました。もう感謝してもしきれないくらいです。本当にありがとうございました。
イベントと、観光の写真を載せておきますのでご覧下さい。もし画像が映らないよという方はご一報ください。
CSS難しすぎです・・・。
◆FFは日本からの参加者も少数ですがいらっしゃいます。参加には台湾の住所が必須ですが、それさえクリア出来れば、とても参加しやすいイベントだと思います。
ただ、2日間参加しようと思うと3泊4日は必要ですね。私も使える休みをフルに使って参加しました。今の職場では、1〜2年に1回が限界ですね・・・。
イベントでは、日本からのゲストが多く、声優さんやゲーム会社さん、絵師さんが来ていました。
一番驚いたのは、紙袋が安いことですね。日本だと最低ロット数で刷ると数十万円するのですが・・・どうしたらあんな激安価格で販売できるのでしょう^^;

◆イベント後は幻想堂さんの紹介で、FFのCEOの方にご挨拶させて頂きました。ぉぉぉ、幻想堂さんVIP過ぎます。
また、最終日は打ち上げで台湾、日本、香港の作家さんが45人ほど集まり、大交流会を開きました。皆さんテンション高い!(笑)自己紹介は緊張しましたね〜。日本ではあまり作家さん同士の交流は無いので、貴重な体験でした。

その後は幻想堂さんと、幻想堂の通訳の方と一緒に深夜までおしゃべりタイム。
今回のイベントでの体験や、幻想堂さんと色々とお話をしてみて、自分の世界が一気に広がった感じがしました。

「海外なんて夢のまた夢」と思っていた自分でしたが、勇気さえあれば世界は開かれるものです。

今はインターネットで簡単に世界中の作家さんの絵を見ることができますが、その方と直接出会い、話し、交流を持つことは難しいと思います。
台湾では作家さん(?)のことを「先生」と呼ぶようで、「桜先生〜会いたかったです」と日本語で話しかけられたときは本当に嬉しかったです。海を越えた場所に私のような無名の作家の絵を知っている方がいて、しかも会うことが出来るなんて、奇跡に近いのです。
本当に、「行ってよかった」と心から思えましたし、台湾へはまた行きたいと考えています。
今回出会えた皆様、本当にありがとうございました。またいつかお会いしましょう!